活動レポート

全国各地で展開している、ファーモを使ったスマート農業の実証事業を現場からレポート。
その土地ならではの課題や特徴も交えてお伝えします。

【山形県鶴岡市】山形大学の演習林で、アクアモニターが設置されました。

こんにちは!!
先日、山形県に行ってきましたよ✈
山形大学の演習林にお邪魔しました。
なぜ今回こちらにお邪魔したのかというと、山形県にあるケーブルテレビ「株式会社ニューメディア」さんがファーモアライアンスに加盟してくださって、最初の設置なのと携帯の電波が入らない特殊な環境下だったので、設置に同行させていただきました。

ファーモアライアンスってなに?と思われた方は、下記資料からご確認ください。

施設に着くまでの道はオフロードで、ワイルドな道を駆け上がっていきました。
すると、かわいい置き物がお出迎えしてくれる素敵な玄関が出現🏡

とってもかわいい、木彫りのクマちゃんがお出迎えしてくれました。

これは、演習林にいる職員さんがつくった木彫りのクマさん。
めっちゃ、かわいかった✨
こういうのって作った人に似るって聞いたことがあるんですけど、作った方にそっくりさんでした🐻
普段は演習林に行って、直接目視でデータを確認されていらっしゃいました。
また、雪がかなり積もるとのことで、冬の間は職員さんがスノーモービルで通うこともあるんだとか。
お邪魔したのは10月下旬でしたが、アウターがないと寒いくらいでした。
近くにあった手作りの橋があったんですけど、そこから見た景色が綺麗でつい見とれてしまいました🌳✨
さっそく、アクアモニターのセッティング開始。
このとき設置をしたステンレスのパイプは、事前に用意をして持っていきました。
設置したい場所に支柱を固定。
パイプ同士を連結できる金具を使用しながら、最後組立てが終わるとこんな感じになります!
設置完了!!
設置したい場所に置くとこんな感じでした。
先ほどから何を図っているのかというと、アクアモニターのアプリに基準となる水位を設定するために、
水位センサーのところから川底までの距離を測っています。
長さを測るスケールなので、水の力に負けてしまって流されるので、パイプを重しにして計測していました。
他の写真にも写っていますが、川には超音波が当たって水位を計測してしまいそうなな所がたくさんありますので、
川の縁などに超音波が当たらないようにすることも設置のポイントです。
無事に、使用できました。ネット関連の工事をされているので、接続は手馴れてらっしゃって心強かったです。
そのあとはお使いいただく教授に、アプリのご説明や設置についての説明を行いました。
この日は、他にも設置してみたい場所があるとのことで、試験をしに別場所へ移動🚙💨
でもこれで、教授の研究データ取得がラクになって、研究が捗るといいなと思いました。
演習林では、電話が繋がらないので近くの道の駅に集合して向かいました。
辺りは紅葉が始まっていて、秋を感じさせるところでした。

今日はこんなところで失礼しまーす✋

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。