活動レポート

全国各地で展開している、ファーモを使ったスマート農業の実証事業を現場からレポート。
その土地ならではの課題や特徴も交えてお伝えします。

【栃木県 宇都宮市】就農2年目を迎えた、いちご農家の大久保ベリーファームを取材。

こんにちは☀
今回取材でお邪魔したのは、栃木県宇都宮市にある『大久保ベリーファーム』さん。
お答えいただいたのは、大久保さんご夫妻です☆

ご主人 秀一さん、奥様 智美さん
前職が同じだったこともあり出会うきっかけがあって、ご結婚。
そこから智美さんの実家で農業をされています。
就農から2年目。
就農する前の一昨年は、先進的な農家さんの元で1年間勉強をされていました。
そして昨年4月から、栽培が始まっています!

とっても仲睦まじいご夫婦。
就農する前秀一さんは、同じ職場だったものの休みが違うのでお子さんにも会えなかったみたい。
例えば朝の3時半に起きて、仕事が終わったら飲みへ行き自宅に帰らない生活もあったようで、智美さんはワンオペで育児をしていて悩んでいたこともあった時に、就農することについて考えるようになったんだとか。
就農した今は楽しそうで、忙しいときは智美さんのご実家で子どもたちの面倒を見てもらえるようにもなり、
とっても幸せそうでした💕
ちなみに大久保さんのところでは、ラジオで取材の様子を放送しているのを聞いて、
ファーモを購入することになったとおっしゃっていました。
なんかすごくうれしかったです✨

智美さんのご実家では、栗とブルーベリーを栽培する兼業農家さんで、昔は「大変そうだな、虫がやだな」と思っていたんだそう。
でもこの写真を見てもわかる通り、そんなことが気にならないくらい幸せに満ちてらっしゃるようでした。

大久保さん、取材させていただいてありがとうございました!!!
ユニークな秀一さんに、優しい智美さん(⋈◍>◡<◍)。✧♡
笑顔あふれていて、幸せなキモチにさせてくれた取材でした💕
これから、おふたりの夢を応援しています!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。