活動レポート

全国各地で展開している、ファーモを使ったスマート農業の実証事業を現場からレポート。
その土地ならではの課題や特徴も交えてお伝えします。

【茨城県 かすみがうら市】レンコンの圃場で実証スタート!

みなさん、こんにちは☀
この前、かすみがうら市で開催されていた「スマート農業実証プログラム」でマッチングをしたレンコン農家さんの所で、実証が開始されました😊
今回はその模様をお伝えしていきたいと思います。

農家さんに少しお話を聞いてきました。
レンコン栽培は、感覚と経験で今まで追肥をしていらっしゃいました。
もしECがレンコンの圃場で測れるようになると、追肥のタイミングが手元でわかる。
またデータを取っておくことで、誰でも同じようにレンコン栽培ができるようになればいいなとお話をされていました。

なにをしているのかというと、レンコンの田んぼ(蓮田)はお米の水田と違って、地面が深くて男性の腰までが埋まる位の深さなんです。
水温計を使って蓮田の地中の温度を測ることで、レンコンにどんな影響があるのかについて調査することになりました。

開発に繋がるようなお話も多数いただけましたので、進捗がありましたら続きを更新したいと思います(^▽^)/
それではまた✋

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。