活動レポート

全国各地で展開している、ファーモを使ったスマート農業の実証事業を現場からレポート。
その土地ならではの課題や特徴も交えてお伝えします。

【ファーモの旅】営業部長吉田が行くファーモの旅in石川県輪島市

今日もファーモから小平です。
さあ、始まりました。ファーモ旅。
吉田さん、今日はどこに行っているんでしょうね。
吉田さん呼んでみましょう。
吉田さーん!

はーい、よしけんこと吉田です!

吉田さん、今日はどこに行っているんですか?

今日は、石川県輪島市に来ています!

輪島市はいかがですか?

こちらの写真をご覧ください。

空港前写真

こちら空港前の写真ですが、いいとこでしょ~?

いいところですね😊

こだちゃん、写真見て気になんなかった?

えっ、なにがですか??

今回、輪島市を訪問したきっかけになるんだけど…
さっきの写真の右下ちょっと見てみて。

「奥能登行政センター」って書いてありますね。

そう。奥能登農林総合事務所さまの事務所は、空港内にあるんです。

へぇ~、珍しいですね!

ちなみに、現場の皆さんの反応はいかがでしたか?

JAおおぞらの方も説明会に来ていただいて、製品の組立てを手伝っていただのですが、実際に組み立てをしていただく事で、簡単に組み立てが出来ることを体感していただくことができました。

確かに実際に組み立てていただくことで、より簡単に使っていただくことが出来るのを実感していただく方は多いですよね。

給水ゲート設置後に動いている状況確認中

上にある写真の通り、今年リニューアルした給水ゲートも、動いているのをご覧になることで、農家さんの省力化に繋がることを実感していただくきっかけづくりになりました。

棚田にある水位センサー

あと、輪島は日本でも有名な棚田がある場所で、「白米千枚田」がある場所ですよ。
こういうところでも、ファーモが活躍できればいいなと感じました。

みんなで水田ファーモ設置後、写真を撮りました!

いや~、楽しそうな現場ですね。
今後の吉田さんの活動楽しみにしています!
次回更新もお楽しみに✋
それでは、失礼致します。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。