活動レポート

全国各地で展開している、ファーモを使ったスマート農業の実証事業を現場からレポート。
その土地ならではの課題や特徴も交えてお伝えします。

【石川県 中能登町】IoTかかし⁉案山子発祥の地に立つ新種の案山子。

こんにちは~☀
ずっとブログ記事に出来ていなかったんですけど、『IoT案山子<かかし>』なるものがあると聞き石川県中能登町に行って来ました!!!
『IoT』と『案山子』って一見繋がらないですよね(笑)
どういうこと⁉⁉
ってなって、見てきちゃいました👀

☝これがIoT案山子の正体。

IoT案山子って、皆さんが知っている案山子にファーモの『気象センサー』を組み合わせた案山子の事でした✨
よ~く見ると、案山子の右手が気象センサーとくっついていました!
この案山子構想期間は、約2年とおっしゃっていました。
この案山子が、地域の名物になって地域おこしになれば面白いですよね✈✈
気象センサー×○○なんかこの組み合わせだと、全国各地様々な名物と組み合わせられそう…(⋈◍>◡<◍)。✧♡
私は寺社巡りが好きなので、案山子×気象センサー+(神社orお寺)(・・?
気象センサーと案山子が観光案内してくれそう💕


そういえばその場にいた方に、この「IoT案山子」に名前を付けるとしたらなんて付けますかって聞かれたんですけど、皆さんなら何て付けますか?
私は、「スマートかかし」って答えたんですけど、なんか色々と考えられそうですよね。
「現代版スマート案山子、令和くん」とか。
もっといい名前つけてあげたいけど((´∀`*))(笑)
そんなかかしくんですが、いろんな表情を見せてくれました!!

案山子くん、見てると愛着湧いてきますよねっ(*’▽’)
この姿なんてまさに、地域を守ってるみたいに見えるでしょ??

幼さを感じる案山子の表情も撮れました(笑)

このタイミングだと、少年に見えました。
大人に見えたり、時には子どもに見えたり…
いろんな表情を見せてくれた、案山子くんでした!

次にかかしくんについて説明会が行われました。

現地での説明会は、地元の方がたくさんの方が来ていて一生懸命町おこしのために一丸となっていましたよ📸
最後にこの「IoT案山子ワークショップ」の主催者、金平さんにお話をお伺いしました✨

IoT案山子の持つ可能性について教えてください。


金平さん:) 地方は徘徊するお年寄りが多いんです。LPWAネットワークが繋がることで、例えばあそこの(家の)ばあちゃんい無くなったよってなると、2週間くらい居なくなる事もあって、見つかった時には水田の所で横たわっていることもあるんです。徘徊してしまうお年寄りの地域で、なにか端末を持っていればファーモのネットワーク(ファーモアンテナ)がある事で、軌跡が分かりますよね。お年寄りの見守りができるのでそれに凄く価値があると思いますと語っていただけました。
小平:) IoT案山子を設置する時に、ファーモアンテナも設置しますからね。たしかに、地域を見守る案山子じゃないですけど、そんな風にも使えたら地域のためにファーモアンテナも活躍出来ちゃいますね。地域課題はたくさん眠っていますね。ファーモが農家さんを始めとして、世界中の人々の元で活躍して役に立っていきますように…☆
明日を明るく照らしてくれそうな、案山子くんでお別れしましょう!

今日は、こんな感じでまたねぇ✋

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。