通信インフラをつくろう!

便利になっても通信費で負担が増えては意味がない。
そうだ、コストを抑える通信インフラをつくってしまおう!お客様と協力しながらエリア拡大中。
農業用の通信インフラをつくる。
私たちが提供しているサービスは場所を選ばず、お客様がいつでもどこでもスマホで農業管理できるサービスを目指しています。
しかし、これらを実現させるにはたくさんの壁があり、その中でも大きな障壁となっているのは通信環境でした。

農業は街中と違い、電源もインターネット環境もない農場で利用できなければなりません。
一個一個の製品にインターネット接続の装置を付けていたのでは電力もコストも持ちません。

そこで私たちはLPWA(Low Power Wide Area)の通信に着目し、無線で自分で建てた基地局を経由しインターネットに接続させるシステムを開発しました。
そしてより多くの人たちにサービスを提供するため、この基地局を提供し、通信エリアを広げていく取り組みを始めました。

とはいえ私たちは大きな資本力を持たないベンチャー企業です。
農家のみなさまの協力を得ながら、みんなで通信インフラを整備していくプロジェクトとして取り組んでいます。

通信インフラとは?

インターネットで現場とスマホをつなげる環境です。
通信インフラとは、農場の温度など、データをスマホに送るまでの環境です。
具体的には、農場に設置している製品からデータを送り、一旦基地局(ゲートウェイ)を経由してインターネットでサーバー(クラウド)にデータを保存させるまでの環境です。
また逆にスマホで操作したデータを農場に設置している製品に送ることもできます。
この環境ができることで、サービスを利用する人は通信環境を意識することなく、製品のスイッチを入れるだけでスマホから様々な便利なサービスを利用できるようになります。

通信インフラのつくり方

基地局の設置をお願いいたします。
通信インフラは製品とインターネットをつなぐ基地局(ゲートウェイ)を設置することで通信圏内を広げていくことができます。
一つの通信機でおよそ半径4km~5kmカバーしますので、地域に基地局が一つあればそのエリアは通信圏内となり、みんなでその通信機を共有して利用することができます。
基地局は弊社から無料で貸し出しいたしますので、屋外の見通しの良いところへ設置協力をお願いいたします。
現在は水田ファーモのみ対象にしていますので、水位センサーや給水ゲートを利用をされる方に協力をお願いしております。
屋外用が難しい場合はコンセントに挿して利用できる屋内用(半径約2km程度)の貸し出しもしております。
設置いただいた基地局は近隣で共有して利用するものとなりますので、その旨ご了承の上ご協力の程よろしくお願いいたします。




屋外用通信機(ゲートウェイ)

屋外用通信機(ゲートウェイ)
※梱包サイズ


屋内用通信機(ゲートウェイ)


  • 通信機はお客様の住所へ発送いたします。
  • 設置場所はお客様にて確保をお願いいたします。
  • 近隣で共有することをご了承ください。
  • 撤去が必要になった場合はご連絡ください。
  • 故障した場合等、現場確認の協力をお願いする場合があります。
  • その他ご不明な点等ありましたらご連絡ください。




※通信エリアマップは現在メンテナンス中です。通信エリアマップ